自筆証書遺言の要件は必ず守ってください。  → 自筆証書遺言

自筆証書遺言
財産は特定できるように書く 不動産は登記簿どおりの地番・家屋番号

預貯金は、支店名・口座種類・口座番号まで

箇条書きですっきりと書く 不用意に長い文章で書くと思わぬ間違いや
解釈違いの恐れが有ります。
相続させる相手は明確に 単に「長男」と書かず「長男・太郎」と書く。
遺贈の相手は明確に 客観的に相手を特定できるだけの情報を書く

「長男・太郎の妻である花子」
「○市○町○番地在住の山田太郎」 など

何がしたいのかはっきり書く 「甲土地は長男にまかせる」では、何がしたいか不明瞭です。
「相続させる」などと書くように。
財産・身分など遺言に法律の効力のある部分以外の事は書かない 最後の思いを伝えたいのなら遺言書とは別に手紙を書けばよい。
遺言書の訂正は厳格な方式が要求されるため、長い文章は不利。
この文書が遺言である事を宣言する タイトルに「遺言書」を入れるなど、遺言書である事を明確にする

秘密証書遺言も基本的に自筆証書遺言と同じです。

公正証書遺言の場合、作成するのは公証人なので書き方の注意はありません。

下書きを作成する時に利用下さい。

遺言の例

遺言書

山田太郎は次のように遺言する。

1.○○市○○町123番地 土地は妻A子に相続させる
2.××銀行の預金は長男 B男に相続させる
3.前1,2の他の財産はすべて妻A子に相続させる
4.遺言執行者として長男B男を指名する

平成 年 月 日
山田 太郎  実印