長期間行方不明となっている者や、沈没船に乗船していて消息を絶った者などを『死亡したものとみなす』制度です。
失踪宣告を請求すると、6ヶ月以上(特別失踪では2ヶ月以上)家庭裁判所の掲示板、官報で公示されます。そのため、どんなに早くとも最低半年以上はかかります。

普通失踪

  1. 7年間生死が明らかでない時
  2. 利害関係人が
  3. 家庭裁判所に請求する

ことにより、失踪宣告されます。行方不明から7年後の日に死亡したとみなされます。

特別失踪

  1. 特別の事情のある者で
    • 戦地へ臨んだ
    • 沈没した船舶の中に在った
    • その他、死亡の原因となるべき危難に遭遇した
  2. 危難が去った後
    • 戦争が止んだ
    • 船舶が沈没した
    • その他の危難が去った
  3. 1年間生死が明らかでない時
  4. 利害関係人が
  5. 家庭裁判所に請求する

ことにより、失踪宣告されます。危難が去った日に死亡したとみなされます。

失踪宣告の取り消し

  • 失踪宣告されたが実は生きていた
  • 失踪宣告の日と違う日に死亡していることが証明された

場合には、本人または利害関係人の請求により失踪宣告を取り消します。

失踪宣告と重婚

日本では同時に二人以上の人と婚姻することはできません。(重婚の禁止)

A、Bという夫婦がいます。
Bが行方不明になり、7年が経過した後失踪宣告がされました。
Aはその後、Cと再婚します。

ところが、実はBは生存しており失踪宣告が取り消されました。
すると、AはBとC二人同時に婚姻している(つまり重婚している)事になります。

この場合、後の婚姻を有効として、前婚、つまり失踪宣告された人との婚姻を取り消すことになります。