「相続人はだれですか?」 「私と子供2人が相続人に間違い有りませんか?」 「死亡した姉には子供がいないのですが」

相続で必ず押さえなければならない事は、誰が相続人かではないでしょうか。
これは民法で定めていますので解説します。

配偶者は常に相続人になる

夫の死亡であれば妻が、妻の死亡であれば夫が必ず相続人になります。

注意すべきは、『法律上婚姻していること』です。

実生活では仲むつまじい夫婦同然でも、「籍を入れていない配偶者」は相続人になりません。

また、長期別居中や離婚訴訟中であっても「籍を入れた配偶者」は相続人です。

子供は第1順位の相続人

子供は相続人です。
嫡出子、非嫡出子、養子にかかわらず相続人です。(注:非嫡出子の相続分は同じではない)

被相続人この相続で死亡した人。相続される人。より先に(又は同時に)子供が死亡している場合、その子供に子供がいれば(被相続人この相続で死亡した人。相続される人。にとって孫)、子供に代わって孫が相続人になります。

子供(第1順位)がいる限り、親(第2順位)、兄弟(第3順位)が相続人になることはありません。

親は第2順位の相続人

第1順位の相続人(子供もしくは孫)がいない場合に限り、親は相続人になります。
 親であれば実父母、養父母ともに相続人です。

 親はいないが、祖父母が生きているなら祖父母が相続人になります。

 第2順位の相続人は、父母・祖父母(直系尊属といいます)の中で、もっとも親等の近い人が相続人になります。


父方の祖父母と母がいる場合、母だけが相続人になります

兄弟姉妹は第3順位の相続人

子供(第1順位)、親(第2順位)がいない場合に限り兄弟姉妹は相続人になります。

実の兄弟、親の養子縁組による兄弟ともに相続人です。

被相続人この相続で死亡した人。相続される人。より先に死亡した兄弟に子供がいる場合、その子供(被相続人この相続で死亡した人。相続される人。にとっておい・めい)は兄弟に代わって相続人になります。