死亡した時その人の財産はどうなるか、などを定めているのは民法と言う法律です。

その民法には、『人は出生により権利・義務の主体となり、死亡によりその能力を失う』とあります。

人は生まれてから死亡するまで、つまり生きている間は、『物を売る・買う・あげる・もらう・所有する・すてる』などができます。

死亡すると、売ることも買うこともできないばかりか、『所有』もできません

たとえばA氏が土地を持っていたとします。A氏が生きているうちは土地の所有者はA氏です。
A氏が死亡するとどうでしょうか。
死亡したA氏は物を所有できませんから、土地の所有者はA氏ではありえません。

そして、『死亡と同時に相続が開始し、相続人の財産となる』とすることで、A氏の土地はA氏の相続人の所有物となります。

相続人が一人の時はこれでよいのですが、複数いる場合、誰がどのように財産を相続するのかを相続人全員が話し合い、その話し合いを元に、財産を分割していくことになります。

相続人がいない場合

相続人が存在せず、遺言も無い場合、遺産はどのように扱われるのでしょうか。
法律では、『一定の要件の元、特に親しくしていた人や、財産を共有していた人の物になる』と定められています。
そして、それらの人もいない場合は国の物になります。
このように、死亡と同時に財産の所有権が他所に移ります。それにより持ち主の無い財産ができてしまうことを防いでいます。